パーソナルトレーナー藤田英継のブログ

パーソナルトレーナーは筋肉バカじゃ務まらない。多様な知力が求められる「サービス職」であり、「高度知的専門職」なんです!

表参道のパーソナルトレーニングジムevergreenの藤田です。

 

トレーナーって、なんとなく「筋肉バカ」なイメージをもたれがちなように思います。

 

まあ、正直否定はしないです。

 

筋肉大好きだしね。

 

それは置いておいて、学歴がすべてではないですが、大卒以上で活躍しているトレーナーなんて、実感としては半分くらいだろうし、そのほとんどは体育系の大学出身で脳みそ筋肉といわれても仕方ないような学生生活を送ってきて、社会人としてまともな会社で社会人として教育を受けたことがある人なんて、その中でごく一部。

 

フィットネス業界って、知的生産レベルで考えたらそんなに高い仕事じゃないです。

 

言葉を選ばず言えば、バカでもできる仕事ばかり。

 

これを読んでいる人の中に、これから就職活動しようっていう大学生はいないと思うけど、新卒で選択肢があるなら、フィットネスクラブになんて、絶対就職しないほうがいい。

 

身につくことなんて、業界の外に出たら何の役にも立たない施設の管理・運営のノウハウと、好きでもない会員への愛想の振りまき方やクレーマーへの対処法くらいです。

 

24時間フィットネスが幅を利かせ始めたこの業界で、そんな人材が求められていないのはもう日の目を見るより明らかでしょう。

 

35歳とか40歳くらいで、フィットネスクラブで働いてる、「支配人」とか「マネージャー」の肩書きの社員のオジサンたちを見たら、そういう他の仕事じゃ全然応用できないような仕事しかしてないし、見てきた世界も本当に狭い。

 

まあ、偉そうなことをいう僕はといえば、そこそこいい給料、世間的にはエリートなイメージのビジネスコンサルタントとして社会人生活を始めたものの、仕事にやりがいを見出せず、サラリーマン生活に馴染めず、社畜になれずにさっさとドロップアウトした社会不適応者です。

 

 

かなり横道に逸れました。

 

「筋肉バカだと思われがちな実際はパーソナルトレーナーに求められる能力って、実際はとっても広範囲だ」ということを、ボクは言いたいんでした。

 

常々お伝えしているように、パーソナルトレーナーって、カラダについての専門職であると同時に、「サービス業」なんです。

 

専門知識が多いだけじゃ、絶対にお客様に選んでもらえない。

 

売れている人ほど、そういう専門知識以外の能力がとっても高い。

 

クライアントの動きを分析する観察力。

分析結果から、改善までのシナリオを導く仮説構築力。

必要なソリューションを瞬時に選択する判断力。

ソリューションをクライアントに正しく伝える情報伝達力。

クライアントの反応を見る観察力②。

観察結果から、構築した仮説やソリューションを修正する修正力。

もちろんカラダ、トレーニングの知識が必須。

 

「トレーニングを教える」という

たったひとつの側面にフォーカスしても

これだけたくさんの能力が求められます。

 

筋肉バカじゃ、絶対務まりません。

 

むしろ、専門知識は後からくらでも学べるから、素地となる地頭や人間性のほうが、この仕事にはよっぽど大事だと思いますね。

 

ボクもお客様から選んでいただけるように、見識を広めたり、コミュニケーションを高めるために日々勉強です!

今日はこの辺で。

他人と比較しない。モデルはモデル、あなたはあなた。

表参道のパーソナルトレーニングジムevergreenの藤田です。

 

先日、こんな記事を見つけました。

 

6パックのお腹と、女性らしいボディラインは共存できない。

 

プロのファッションモデルやフィットネスモデルに

憧れるのは、悪いことではありません。

 

それがきっかけで、あなたの人生がプラスになるのであれば

それはとてもすばらしいことだと思います。

 

 

でも、生活をかけてカラダつくりに励んでいる彼女たちと

同じ体型、同じ体重になろうとするのは

決してオススメしません。

 

同じような食生活、ライフスタイルを送ることだけでも

現実的には相当ハードルが高く、彼女らはあくまで仕事として

世間の持つ願望やイメージの「アイコン」になるため

健康や、カラダつくり以外にあるいろんな楽しみよりも

トレーニングとその見た目を維持するための

食生活や生活サイクルを送っているのです。

 

その傾向も、少し歯止めがかかってきているようですが

彼ら彼女らの美しさやカッコよさといった側面だけが

切り取られてクローズアップされ、商業利用され、

それにあおられた消費者が痩せられないことに

ストレスを感じたり、無理なダイエットをして

体調を崩したりしているように

ダイエット指導の現場では思います。

 

これでは本末転倒です。

 

カラダがカッコよく、キレイでありたいと思うのは

無理に他人、特に生活を賭けて身を削って

カラダを作っているモデルやビルダーと

同じようになろうとは思わないこと、

自分と比較しないことです。

 

あなたは、あなた。

 

夢を壊す言い方ですが、あなたのなれる範囲、

健康と、生活で大切なものを守りながら

できる範囲で、あなたの持っているカラダのよさを

引き出せればいいと思います。

 

おそらく、これを読んでくれているあなたは、

モデルでもボディビルダーでもない。

 

美しさやカッコ良さのアイコンに憧れるのはいいですが

生活において、もっと大切なものがあるはずです。

 

あなたの人生で大切なものを、きちんと考えた上で

ボディメイクに取り組んでくださいね!

「結局、何が正しいダイエットなの?」と思ってしまっているあなたへ。

表参道のパーソナルトレーニングジムevergreenの藤田です。

 

ボクがブログを書く上で意識していることに

 

「世間で間違って認識されている健康常識を検証していく」

 

という立場があります。

 

これっていうのは、ある一面では、

昔は科学的証拠(evidence)に基づいて正しいと信じられていたけど

時代とともに研究が進むにつれ、実はそうではなかったことが

分かったことがたくさんあるということなんです。

 

例えば卵だって、昔はたくさん食べると

コレステロールが上がって健康に悪いから

食べるのはほどほどにしておきなさい、

といわれていました。

 

肉中心の食生活も糖質制限も、いろんな人が

いろんな立場から、いろんなことを言っています。

 

 

商業主義に捻じ曲げられてしまっていて

ハナからおかしなものも、残念なことに沢山ありますが。

 

正直、多くの人が目にする

「広く公表されるデータ」

 

には、利権が絡んでくるというのも否めません。

 

つまり、売り手に都合のいいデータだけが

声を大にして広められたり、その逆で

 

都合の悪いデータはあまり出されなかったり。。。

 

ひとつ皆さんに覚えて置いていただきたいのは

残念ながら世の中に出回る情報や商品には、

すべては「ビジネス」が絡んできているということ。

 

何かを売りたいから、それに都合のよい

情報やデータが出回り、

「これをしたほうがいい」と喧伝される。

 

さらに先日書いたように、人間には

 

「自分の都合のいいように情報を受け取る」

 

習性があり、これは科学者にも起こりうることなので、

同じ実験データでも、ときとして、人によって

解釈が異なったりする。

 

「事実」と「真実」は違う・・・みたいな、

ちょっと哲学的になってきてしまいますが。

 

話を戻すと、それらを個人のダイエットの

レベルに落とし込もうとすると、

正直なところ合うものも合わないものもある。

 

「体質」や「遺伝子」には、人間は今のところ

完全には勝てない。

 

だから科学的に「こういうデータが出ている」

という「科学的証拠(evidence)」も大切だし、

実際に試してみて「私はこうやるといいみたいだ」

という「経験(experience)」も大切。

 

この両方がそろっていないと、机上の空論か

汎用性のない経験談になってしまいます。

 

朝食を食べたほうがいいのか

食べない方がいいのかというのも、

そのひとつですかね。

 

科学的データでは

「朝食を食べたほうがそのあと一日の代謝が

上がるから食べたほうがいい」

といわれていても、

様々なファクターが絡んでしまい、

 

実際に食べると太ったり。

朝食を食べると1日トータルで見たら

食べ過ぎてしまってるとか、

(これは工夫の余地がありますが)

今まで朝食を食べていなかった人が

朝食を食べ初めて、いつまでもカラダがなれなくて

胃腸が重くなってしまってその後の体調や

食事のリズムに差し支える…とか。

 

こういうことはダイエット指導の現場レベルでは

よくあることです。

 

科学的な理想論だけではどうにもならない。

 

だから最新の方法論だからといって

必ずしもある人にとって「最適」ではない。

僕ら現場で指導するトレーナーに必要なのは、

「唯一絶対な方法なんてない」という

態度に基づいて勉強し続けること、

自分の経験や指導経験から伝えられる

「抽斗」の数を増やし続けること、

何事にもメリット、デメリットの両面があることを

きちんとお客様に伝えることではないかな、

と思います。

 

うーん、優等生ブログ。

 

でもこの当たり前を、トレーニングする人も

トレーナーもきちんと覚えておかないと

おかしなことが起きてしまいますからね。

今日はこの辺で。

本当に「あなたに合った」ダイエットに出会えない理由は、都合のいいものごとしか見えていないせいかも?

表参道のパーソナルトレーニングジムevergreenの藤田です。

 

人は自分の都合の良いように物事を見るし

自分の見たいようにものごとを見る習性がありますよね。

 

自分の都合のいい情報を集めるし、

普段生活していて都合のいい情報が

感性のアンテナに引っかかる。

 

だからダイエットはしたいけど

辛いのはイヤ、苦労したくない…

と思えば、楽に痩せられる方法を探すし

自分が好きな食べ物だけ食べて

痩せられるのなら、世の中のダイエット方法から

そういうダイエット(○○だけダイエットなど)を

選んでしまいます。

 

ただ、それがあなたのダイエット方法として

一番効果の出る方法かというと、

そんな都合のいいはずはありません。

 

ダイエット系のサービスや商品の売り手は

それをよくわかっているので、

「みんなダイエットはしたいけど、こういう嫌なことがあって

なかなかダイエットしないんだよな」

というところに上手く刺さるような

ダイエット方法を、利点を強調するように

キャッチーな広告で提案してきます。

 

その部分をやたらと強調したり誇張して

出しているものが多くなってしまいますし

実際にサービスを提供する人ではなく

広告代理店や編集者が

消費者のアンテナに引っかかりそうな点だけを

強調するから、デメリットまでうまく伝わっていない・・・

そんな状況がたくさん見られます。

 

いざやってみても効果が全然でなくて

「騙された!」となる前に、

1つの方法は自分で判断しないことです。

 

情報収集をしているとどうしても

自分の楽な方、自分に都合がいい情報を

選んでしまうので、そうではなくて

専門家にこれがいいですよ、

というものを選んでもらって

自分の意思を挟まず、

それを実行することが近道なります。

 

要約すると、ダイエットに限らないと思いますが、

自分のフィルターを挟まないほうが

成功するための一番いい方法が見つかるよ、

というお話でした。

 

今日はこの辺で。

リテラシーの低い人が健康になった気分を買わされている

表参道のパーソナルトレーニングジムevergreenの藤田です。

 

以前このブログで、「酵素ドリンクやコラーゲンドリンクは効果的とは言えず、余計な砂糖や人工甘味料を飲まされるだけ」ということを書きました。

 

結局、飲んだことで痩せた「ような気分」、美肌になった「ような気分」を買っている、ということだと言えます。つまり、多くの商品が実際に効果があるというよりもメーカーの「イメージ商売」だということです。

“リテラシーの低い人が健康になった気分を買わされている” の続きを読む

氾濫する「ダイエット情報」に振り回されないために大切なこと

表参道のパーソナルトレーニングジムevergreenの藤田です。

 

ダイエット向けの食事方法って、世の中にたくさんありますよね。

 

たくさんの人がカラダ作りに成功している食事方法がこれだけ世の中にたくさんあるし、指導者もたくさんいるのに、なんで新しいダイエット方法が次から次に出てくるんでしょう?

“氾濫する「ダイエット情報」に振り回されないために大切なこと” の続きを読む

食べれば食べるほど痩せる食べ物

表参道のパーソナルトレーニングジムevergreenの藤田です。

 

私はあまりTVを見ないのですが、先日たまたまTVをつけると、どうやらグルメ番組をやっていて、焼肉屋さん特集をやっていました。

 

その中で「食べるほど痩せる肉」というキャッチフレーズで、料理を紹介しています。

“食べれば食べるほど痩せる食べ物” の続きを読む

仕事とは「表現すること」

表参道のパーソナルトレーニングジムevergreenの藤田です。

 

仕事って、「表現すること」だと思うんですよ。

 

世の中に表現すること。

 

表現するための手段として、自分の知識、体力、

自分以外のヒト、モノ、カネ、時間といった資源を投資する。

 

表現したいことがなかったら、辞めてもいいと思います。

 

表現したいことがなかったら、それは「仕事」じゃなくて「作業」でしょう。

 

トレーナーになる前のボクは、就職活動の経緯もありますが、

仕事を通して「表現したいこと」が

全くありませんでした。

 

大学院までずっと勉強してきたこと、

知識や経験を通して世の中を変えていきたい、

世の中に伝えたいと思うことがあった。

 

だから、サラリーマンをやめてトレーナーとして

仕事を始めました。

 

そして、幸運にも好きなことを仕事にして

お客様に選んでいただき、今日までなんとか生きてます(笑)

 

 

必ずしも「これだ!」って明確に言語化して

言い切れる必要はないけど、

「自分はこうしたい」「これはしたくない」という

主体的な意思表示を持ってそれに取り組めるか、

自分の行動を決められるか。

 

そこが大事だと思います。

それって誰かに言われて作ったり、探して見つかるものじゃなくて

 

日々色々なものごとに対して感じたり考えている中で生まれる

 

自分の内面からの自然発生的なものだと思います。

 

表現する意思があるから、自発的に仕事を作ることが出来る。

 

だから感受性って大事なんですね。

 

何かを見たり聞いたりしたときに、

「感じる」こと、「考える」ことができるために。

 

「仕事」をするために。

与えられることに慣れてしまって思考停止しちゃったら、

もう「仕事」はできないですよね。

 

僕は、いつまでも「作業」じゃなくて「仕事」がしたいな。

 

ちょっと哲学的な話になりましたが、

今日はこの辺で。

妊娠・出産に欠かせない女性必須のビタミン・葉酸

葉酸は妊娠にかかわる栄養素として非常に有名ですが、

ビタミンB群に分類される水溶性ビタミンの一種です。

ビタミンB12と一緒に赤血球を作る働きがあり、

細胞の分裂・増殖にも欠かせません。

 

不足すると免疫機能や消化機能にも影響を及ぼします。

 

また、ホルモンバランスを整える働きがあるため、

妊娠していない女性にも月経前症候群(PMS)の症状の緩和など

良い効果が期待できます。

 

葉酸のはたらき

 

• 造血作用
• 細胞の再生を促す
• 高血圧や動脈硬化、心臓疾患を予防
• 月経前症候群の緩和

 

葉酸が不足すると

 

• 口内炎・肌荒れ
• 動脈硬化のリスク上昇
• 貧血
• 胎児の神経管閉塞障害

 

葉酸が豊富な食材

 

特に表記がないものは100gあたりに含まれる量
• 鶏レバー 1300μg
• 牛レバー 1000μg
• 豚レバー 810μg
• うなぎ(きも)380μg
• うに(生)360μg
• モロヘイヤ(生)250μg
• 芽きゃべつ(ゆで)220μg
• ブロッコリー(生)210μg

 

カルシウムの代謝に関わり 骨や血液の健康を保つビタミンK

ビタミンKはカルシウムの代謝にかかわっており、

出血したときに血液を固めたり、骨の形成に必要で、

骨粗鬆症の治療薬としても用いられています 。

 

天然のビタミンKには植物でつくられる「フィロキノン」と、

細菌や動物の体内でつくられる「メナキノン」の2種類があります。

一般に、人が食物から摂取しているビタミンKは

フィロキノンが多いですが、人間に重要なのは、メナキノンです。

 

ビタミンKのはたらき

 

• 血液の凝固作用
• 骨を丈夫にする
• 動脈の石灰化を防止する

 

ビタミンKが不足すると

 

• 出欠したときに血が止まりにくくなる
• 骨密度の低下

 

※一般的に不足したり、過剰摂取になることは起こりにくい

 

ビタミンKが豊富な食材

 

特に表記のない場合は食材100gに含まれる量

• 糸引き納豆 1パック50g 300μg(メナキノン)
• 赤ピーマン 1個150g(135g)230mg
• 黄ピーマン 1個150g(135g)203mg
• アセロラ 1個8g(6g)102mg
• 柿 1個250g(228g)160mg
• グレープフルーツ 1個400g(280g)101mg

 

evergreen