パーソナルトレーナー藤田英継のブログ

カルシウムの代謝に関わり 骨や血液の健康を保つビタミンK

ビタミンKはカルシウムの代謝にかかわっており、

出血したときに血液を固めたり、骨の形成に必要で、

骨粗鬆症の治療薬としても用いられています 。

 

天然のビタミンKには植物でつくられる「フィロキノン」と、

細菌や動物の体内でつくられる「メナキノン」の2種類があります。

一般に、人が食物から摂取しているビタミンKは

フィロキノンが多いですが、人間に重要なのは、メナキノンです。

 

ビタミンKのはたらき

 

• 血液の凝固作用
• 骨を丈夫にする
• 動脈の石灰化を防止する

 

ビタミンKが不足すると

 

• 出欠したときに血が止まりにくくなる
• 骨密度の低下

 

※一般的に不足したり、過剰摂取になることは起こりにくい

 

ビタミンKが豊富な食材

 

特に表記のない場合は食材100gに含まれる量

• 糸引き納豆 1パック50g 300μg(メナキノン)
• 赤ピーマン 1個150g(135g)230mg
• 黄ピーマン 1個150g(135g)203mg
• アセロラ 1個8g(6g)102mg
• 柿 1個250g(228g)160mg
• グレープフルーツ 1個400g(280g)101mg

 

カテゴリ

最新記事

evergreen