パーソナルトレーナー藤田英継のブログ

仕事とは「表現すること」

表参道のパーソナルトレーニングジムevergreenの藤田です。

 

仕事って、「表現すること」だと思うんですよ。

 

世の中に表現すること。

 

表現するための手段として、自分の知識、体力、

自分以外のヒト、モノ、カネ、時間といった資源を投資する。

 

表現したいことがなかったら、辞めてもいいと思います。

 

表現したいことがなかったら、それは「仕事」じゃなくて「作業」でしょう。

 

トレーナーになる前のボクは、就職活動の経緯もありますが、

仕事を通して「表現したいこと」が

全くありませんでした。

 

大学院までずっと勉強してきたこと、

知識や経験を通して世の中を変えていきたい、

世の中に伝えたいと思うことがあった。

 

だから、サラリーマンをやめてトレーナーとして

仕事を始めました。

 

そして、幸運にも好きなことを仕事にして

お客様に選んでいただき、今日までなんとか生きてます(笑)

 

 

必ずしも「これだ!」って明確に言語化して

言い切れる必要はないけど、

「自分はこうしたい」「これはしたくない」という

主体的な意思表示を持ってそれに取り組めるか、

自分の行動を決められるか。

 

そこが大事だと思います。

それって誰かに言われて作ったり、探して見つかるものじゃなくて

 

日々色々なものごとに対して感じたり考えている中で生まれる

 

自分の内面からの自然発生的なものだと思います。

 

表現する意思があるから、自発的に仕事を作ることが出来る。

 

だから感受性って大事なんですね。

 

何かを見たり聞いたりしたときに、

「感じる」こと、「考える」ことができるために。

 

「仕事」をするために。

与えられることに慣れてしまって思考停止しちゃったら、

もう「仕事」はできないですよね。

 

僕は、いつまでも「作業」じゃなくて「仕事」がしたいな。

 

ちょっと哲学的な話になりましたが、

今日はこの辺で。

カテゴリ

最新記事

evergreen