パーソナルトレーナー藤田英継のブログ

糖質の種類と特徴、ダイエットのために食事で意識するポイント

表参道のパーソナルトレーニングジムevergreenの藤田です。

 

今日も糖質とダイエットの関係について、話を続けていきます。

 

糖質がカラダに吸収されるスピードは、

一般的に糖質の分子の大きさによって決まります。

 

ブドウ糖、果糖などの分子の小さなものを「単糖類」

単糖類がいくつか組み合わさったものを「多糖類」といいます。

 

また、炭水化物には糖類が複雑に結合した「複合炭水化物」と

数少ない糖類が結合した「単純炭水化物」があります。

 

あまり加工されていない穀物や豆、イモなどに多い複合炭水化物は、

体内で消化吸収するのに時間がかかるので

血糖値の上昇も穏やかで、急激なインスリンの分泌は引き起こしません。

 

逆に単糖類や砂糖などの単純炭水化物、精製された穀物(白米など)や

その加工食品(パンや麺類)は、消化吸収にかかる時間が短いため

血糖値の急上昇からインスリンの急激な分泌を引き起こします。

 

日常的に食事から糖質を摂るときは、インスリンの急激な分泌を避けるために

単純炭水化物を控え、複合炭水化物を摂るようにしましょう。

 

次回に続けます。

evergreen